052-212-8105

Health Management健康経営

企業が従業員の健康に投資し、生産性や企業の発展に結び付けていく経営手法です。
従業員の健康が企業および社会に不可欠な資本であることを認識し、従業員への健康情報の提供や健康投資を促すしくみを構築することで、
生産性の低下を防ぎ、医療費を抑えて、企業の収益性向上を目指す取り組みです。

avivo 健康経営宣言

avivo は、従業員一人ひとりがいきいきと心身ともに健康であることが、企業の成⻑や社会への貢献に⼤切であると考えます。
「 健康サポートを通じて、誰もが笑顔になれる未来へ。」 の実現に向け、お客様の生活の向上をサポートするプロとして、
私たちの健康を⼤切にした経営を推進します。
そして、従業員への積極的な健康づくり支援を通じ、お客様への「きっかけ」を提供することで、社会に貢献してまいります。

  • 2017 健康経営優良法人
  • 健康寿命をのばそう!

健康問題による企業の損失

  • 疾病による死亡や休職 教育投資した労働力の損失
  • 慢性的な健康問題 就業制限という形で負担の大きい業務が制限される
  • 不健全な職場 従業員のストレス、メンタルヘルス不調者の増大

健康増進施策を重点福利厚生と位置付ける→従業員の企業へのロイヤリティーの向上、離職率の低下

さまざまな角度からの考察

健康経営は事業活動の一環であるという視点(適切な投資が必要) 従業員の健康は「経営上の成果」であるという視点(短期的に立証が容易な成果のみを求めるのではなく、「健康そのもの」を経営上の成果として評価する) 社内だけでなく日本全体という視点(働く世代が健康になる+退職後の健康に結び付く=高齢化する日本社会において大きな価値をもつ

コラボヘルス~企業と健康保険組合との協働~

双方の強みを活かして健康づくりを推奨することは、一定の価値が見出されます。
両者の連携はどのようなことをするかより先に、まず企画段階で話し合うことが重要となります。

企業 集団で対象が存在し、上司 / 部下関係であるライン機能が利用可能  健康保険組合 レセプト情報と特定健診データを保有

健康経営に必要な社内体制

プランニングの流れ

補助金・助成金が活用されます。

  • STEP1

    企画

    1. 現在の産業保健活動の構成と費用の可視化
    2. ニーズ把握(エビデンス調査とアンケート)
    3. プログラム企画と優勢順位づけ
  • STEP2

    実践

    1. パイロット版の実践(本社及びモデル店舗)
    2. 群の特性に応じたプログラム実践
    3. 全体のプログラム実践
  • STEP3

    評価

メニュー実施イメージ

スマートライフプロジェクト

スマートライフプロジェクトはこちら